特定建築物空気環境測定業務 貯水槽清掃管理 害虫駆除消毒業務

建築物環境衛生管理技術者選任業務

建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づき、特定建築物所有者等は、その特定建築物の維持管理が環境衛生上適正に行われるように監督させるため、建築物環境衛生管理技術者免状を有する者のうちから建築物環境衛生管理技術者を選任しなければなりません。
環境衛生上の維持管理に関する業務を全般的に監督します。具体的には次のようなものが考えられます。

管理業務計画の立案
管理業務の指揮監督
建築物環境衛生管理基準に関する測定または検査結果の評価
環境衛生上の維持管理に必要な各種調査の実施

なお、建築物環境衛生管理技術者は、維持管理が管理基準に従って行われるようにするため、必要があると認めるときは、建築物維持管理権原者に対して意見を述べることができ、これらの者はその意見を尊重しなければならないこととされています。